Top page  3/77
20
2016

安易なタイトル・その3。

『しましまの細長い布』



1272.jpg


1273.jpg


1274.jpg


1275.jpg


1276.jpg


こちらも10×25センチくらいです。

不思議なサイズですが、
でもきっと色々な使い方ができるのではないかと考えているのですが、
どんなもんでしょうね。

会場でご感想いただければうれしいです。

20
2016

安易なタイトル・その2。

『小さい布 ・ ピンク』


コースターサイズの布です。
10センチ角くらいです。


1269.jpg


1270.jpg


1271.jpg



ぴろぴろした綿糸を緯糸に入れこんでいるので、
表面にぴろぴろが。


20
2016

布のご紹介を少々。

22日からはじまります三人展に出す布を、
少しご紹介させてください。


『小さい布 ・ 紺』

・・・最近タイトルが安易ですね。



1266.jpg


1267.jpg


1268.jpg


今回は和物は出さず、纏うものと食事まわりの布に絞る予定です。

高橋さんも器ですし、富沢さんも木の器を作られるということで、
一緒に使えるような小さな布が多くなりました。

こちらは幅が10センチくらいで、長さも25センチ程度。


とてつもなく質素でパッとしないのですが、
おやつタイムに下に敷いたり、
花瓶の下に敷いたり、とか
少し 『場』 を盛り上げることができたらいいなと思っています。

20
2016

荷物を出してきました。

CATEGORY小言
ひと安心。

椅子なども送ってみたら、荷物が大きくなっちゃって、
ゆうパックぎりぎりサイズで変な汗かきました。
よかった。

あとは少々パソコン作業が残っています。



さて、無事に運ばれていった布。

その中にはめずらしくミシンで端っこの処理をしたものがありまして。



1264.jpg


慣れないミシンに四苦八苦。


まち針うって、しつけをかけて、ミシンをかけてみました。


織りと同じで、
まち針うつのも、しつけをかけるのも、
心の乱れがでるようで。

きちんと丁寧に下準備しないと、
ミシン目がガタガタになりますね。


心の乱れが・・ 荒れ模様で・・・


1265.jpg


なかなかきれいにできず、
縫製を仕事にされている方は本当にすごいなと思いました。

いやー、難しかった。



とてもとても難しかったけれど、
でもたまに違うことやると楽しいですねー。



さて。
明日は搬入。
頑張ります。


16
2016

もう

CATEGORY布きれ。
織り上がっているのですが、
こちらが

1250.jpg


たぶん三人展に出す最後の経糸です。

経糸が細い綿糸で、色は生成りとログウッドで染めたグレー。
緯糸にはいろいろな色の綿や麻糸を使っています。


ランチョンマットとしても使えるようなサイズで作っています。

ランチョンマットとなると、
がしがし洗えないとだめだろうと思い、
素材も気兼ねなく洗濯できる綿麻に。


そして今までは、手縫いで端っこの処理をしていたのですが、
今回は初めて、ミシンで端処理をしています。


布にミシンの縫い目が出るのが、
なんとなく布が機械的に見えてあまり好きではなく、
縫い目が見えないように手縫いにこだわっていたのですが、

強いのはやはりミシンだそうで、
今回はミシンの力を借りることにしました。


ちょっとばかし稚拙さが見え隠れ というか、
隠れずに見えちゃっていますが、
どうかご勘弁ください。

「味」 として広い心で受け止めてやってください。

すみません。
ミシン、精進いたします。


15
2016

コラボの話。

DMになったコラボの作品のほかに、
 『彩箱(いろばこ)』 セット、あと二種類ありまして、


器:黒 布:ピンク バージョンのこちら。

1260.jpg


1261.jpg

このような感じで入っています。



そして
器:うすい緑 布:白と茶色 バージョンも。

1262.jpg


1263.jpg



この三つの 『彩箱』 が、新顔のコラボ作品です。

今までのゆのみセットや、おちょこセットとはまた少々ちがうので、
どんなもんでしょうか。

皆様の反応が早く見たいです。

いろいろご意見ご感想いただければうれしいです。


さて、あともう少し、
やらねばならないこと沢ーーーーー山!! どうしたもんか。
14
2016

展示会がございます。

六回目となりました、表参道・桃林堂での三人展が11月22日から始まります。


『彩(いろ)展 vol.4』


1249.jpg


11月22日(火) ~ 12月4日(日)
10:00 ~ 19:00 (月曜日のみ17:00まで)

富沢麻子 (木)
髙橋亜希子 (陶)
山下枝梨子 (布)

青山表参道本店 桃林堂画廊
港区青山3-6-12
03-3400-8703

時代に乗り切れてない私はしていないのですが、
Facebookをされるかたはこちらもどうぞごらんください。

富沢さんが作ってくれました。
ハイテク。



今回も、コラボ作品を作りました。

何度も三人で話し合いをし、
新たな 『彩(いろ)箱』 という仲間が増えました。


1259.jpg


茶箱のように仕切りは付けず、
器たちと布が入っても少し余裕があるサイズで箱を作りました。


1254.jpg


1255.jpg


1256.jpg


1257.jpg


1258.jpg

こんな感じで器と布が箱に入っています。



使う方が、自由に、
お菓子とを入れこんだり、お茶っぱをいれてみたり、
はたまた全く違うものを中に入れて使ったり と、
自分の好きなように使いまわせるような作りになりました。

皆様の反応がこわいながらも楽しみです。


個人としましては、そのほか台所まわり?お食事まわり?のプレイスマット類、小さい布、
それから纏う布も少々出します。


ぜひぜひ足をお運びくださいませ。



ちなみに。
いつも会期は一週間なのですが、
今回は二週間ということで、たまにお休みいただくことになっております。

とりあえず前半は、
22日(火)、23日(水)、25日(金)、26日(土)
10:00~17:00くらいまでお店におります。


私がお休みの日は、
富沢さんと髙橋さんが在廊しておりますので、
お気軽にお声がけください。


皆様のお越しをお待ちしております。


よろしくお願い致します。


24
2016

次の経糸は、

CATEGORY糸たち。
綿です。


11月末からの三人展では、他のお二人が器を、器も、出されるので、
私も台所まわりの布を出そうと考えております。

なので、ランチョンマットにも使えるような大きさの
プレイスマットなるものを作ります。

なので、ざぶざぶ洗えないと駄目だろうと。

思いまして、綿麻中心で作っています。




新しい経糸は、綿です。


こちらのログウッドで染めた
グレーの綿糸を、

1246.jpg


この木枠という道具に巻き付けていきます。

1247.jpg



巻きました。

1248.jpg


そして白も巻きました。
写真撮り忘れました。




頭の中の妄想のように、うまくいきますように。