Top page  2/80
15
2017

今宵もぐつぐつ。

CATEGORY糸たち。

夜の糸染めもなかなか眠いです。


0032.jpg


こちらもハナミズキで染めています。

この糸は絹ですが、
『タッサーシルク』という野生のお蚕さんの繭からとった糸で、
元々うっすら黄色がかっています。



染めたい待機組の糸がいろいろあるのですが、
なかなか時間と体力が足りなくて
日の目を見ることができない糸がわんさか・・かわいそうに・・。

12
2017

『七緒』のムック本にちょろりと載せていただきました。


先月発売になっていますが、
きもの雑誌の七緒のムック本、
『着物おたすけ辞典』の半幅帯のページに、
やましたの布を再掲載していていただきました。


0031.jpg



この本は着物のエトセトラを詳しく説明してくれている本で、
実際着物を着ている私もよくわかっていないようなこと
(たとえば訪問着と付け下げのちがいとか。)を、
今までの七緒から抜粋して、丁寧にまとめてある本です。


その中の、半幅帯の説明のページに、私の布が載っています。

だいぶ昔の物なので、あぁちょっと恥ずかしいかも・・と思いますが、
こうしてまた見ていただく機会なんてそうそうないことなので、
とてもありがたく思っています。



よろしかったらお手に取ってご覧くださいませ。



七緒最新号の、「かぞくのきつけ」特集も、よかったな。
きものが着たくなってきます。

07
2017

次の布は、

CATEGORY布きれ。

久しぶりに広幅の布を織ります。
久しぶりすぎてわくわくします。

幅の広い布を織っていると、
『私、今、布を織っている!!』というのをびしびし感じるので、
とてもエキサイトな感じです。


0029.jpg


経糸はすべて絹です。
緯糸もすべて絹の予定です。

絹オンリーも久しぶり。わくわくします。


枇杷で染めたオレンジだったり、
ハナミズキで染めた黄色だったり、
桐で染めたベージュだったり、
いろいろな色が経糸に入っています。


早く織り出したいところですが、織り出す前までが時間がかかる織りの作業。

地道にがんばります。



05
2017

夜な夜な、

CATEGORY糸たち。

ぐつぐつ糸染め。

なかなかまとまった時間がとれないので、
小出しに夜中に糸染めをしています。

今日は絹糸をハナミズキの小枝から煮出した染液で染めています。
山吹色に近いでしょうか。

0030.jpg

もう少し濃くても良かったか・・・。
濡れていると濃く見えるので、塩梅が難しいところです。



腰痛が。痛いです。
29
2017

終わりました。

CATEGORY小言
日本橋三越での催事、昨日終了し、搬出して参りました。

足をお運びくださった方々、本当にありがとうございました。
今回は店頭には立てなかったので、
実際に布の説明が出来ず、すみませんでした。


久しぶりの百貨店での催事。
勉強になること沢山ありました。

これは今後に活かさなくては!!!


年内の展示会はこれで終了。
おつかれさまでした。


次回は来年の七月に予定しています。

だいぶ先ですが、きっとあっという間なので、
日々コツコツ頑張ります。


また皆さまに見て手に取っていただけるように、
おもしろい布を作っていきます。


ありがとうございました。

19
2017

どんづまり。

CATEGORY小言
行き詰まりやましたです。

いろいろダメなことが重なることがたまにあるのですが、
今がその週間のようで、行き詰まってます!!!


眉間にシワを寄せてばかりいてはいけませんので、
楽しくなる話題を。




先日久しぶりに着物を着ました。

0028.jpg

ちょっとどすこい気味なのが気になるところですが気にしないでください。


帯が、大学卒業後、染織iwasakiさんのところで
勉強をさせていただいていたときの卒業制作でして、
絣がへたっぴでお恥ずかしい限りですが
こうして実際に身につけられているのがうれしくてたりません。

デザイン画を見ていただく時は、緊張したなぁと、懐かしくもなりました。
幸せな恵まれた日々でした。



着物や帯締め・帯揚げは母の物。

母や祖母が着物を着ていたため必要な道具も揃っていたし、
母とは寸法が同じで直さずに着れたので、
何の抵抗も大変さも感じずに着物の世界にもぐり込めましたが、
これを一から始めようと思ったら、なかなか出来るもんではありません。

着物人口を増やすにはどうしたもんか。

難しい問題です。

16
2017

ようやっと、

桃林堂の事後作業が落ち着いて、
次の展示の準備のめどもたち、
通常運転に戻れそうです・・・やっとです。

そうなんです、次の展示があるんです。

というか始まっているんです。昨日から。



『迎春のしつらえとおもてなし』

11月15日(水)〜28日(火)
日本橋三越本店 本館5階 ギャラリーライフマイニング
営業時間 10:30〜19:30



木工の富沢さんと陶芸の高橋さんと、
またまたいつもの三人で参加いたします。

夏じたくでご一緒の方々も沢山参加されます。


今回は三人のコラボを中心に出品いたします。
個人の布は少しだけになるかと思います。



私たちは後期の22日から参加予定なのですが、
コラボの10点程、先に店頭に並んでくれています。



ここでいくつかご紹介を。

こちらが先発隊たちです。

0024.jpg


0025.jpg

上の画像2枚は、豆皿2枚セットです。



そしてこちらがDMに載せた品です。

0027.jpg

迎春らしさを目指して、赤い布なんて織ってみました。
器たちには金銀彩も施してあります。
こちらは22日から、店頭に並びます。



他にもいろいろありまして、またご紹介できたらと思っております。


皆さまの『迎春』に一役買ってくれる一品たちがきっとあると思います。

今回はすみまません、店頭には立てないのですが、
よろしければ足をお運びくださいませ。


よろしくお願いいたします。


30
2017

搬出してきました。

CATEGORY小言
午前中、搬出してきました。

桃林堂で行いました三人展、『彩vol.5』。
無事に終了いたしまして、
お越しくださいました皆々様、誠にありがとうございました。

雨の日もあり、でもそんな中でも見にきてくださる方がいて、
ありがたいなうれしいなと感じました。


物作りを仕事にするということは、
見てくださる方がいないと意味のないひとりよがりな仕事だと思っているので、
本当にありがたいです。

来てくださって、ありがとうございました。

また次もがんばれます。



制作にあてられる時間が限られている状況ですが、
その中で最大限できることを、必要とされる物を、
また作っていきたいと思います。




現在とても充実した疲労感に浸っています。
いけません、早く寝なくては。


26
2017

本日在廊日。

CATEGORY小言
今日はお店に行ってきました。
お天気も良くて、会いたかった方にも会えて、ほっこりしてきました。


画像も撮れました。


こちら、二階の会場風景です。


0017.jpg


0018.jpg


搬入していていつも思うのですが、
展示って本当にむつかしいです。

10年やっていますが、未だに布の上手な展示方法が見いだせず、
毎回頭を悩ませています。


今回は三人展なので、他の二人のお力を借りてなんとかできています。
まだまだ勉強不足です。
がんばります。




さて、今回の私のいちおしは、こちらの『おざぶとん』です。

自分で紡いだ毛を緯糸に織り込んだ布で、
7〜8センチ角の小さな小さなざぶとんです。

0021.jpg

ちなみにこの緯糸は、このときに紡いでいたものです。


紫バージョンも。

0022.jpg

他には緑バージョンもあります。


おちょこの下に敷いたり、一輪挿しを乗っけてみたり、
壁にピン打ちして眺めてみたり、
いろいろ楽しんでいただけるとうれしいです。



そしてこちらはコラボの新作です。

『ふろしき包みのカップと箱のセット』です。

0019.jpg

手前の布の角から出ているちょんちょこりんがポイントです。

布を開くと、

0020.jpg

4つのカップが並んでいます。

布の柄を4色で配置すると、結んだときに、
色が交差するのがおもしろいなと思います。



そしてこちらは『おちょこセット』です。

0023.jpg

おざぶとんはツートンカラーです。



出来上がった器を見て、布を作り、
それから箱を仕上げるので、
箱にきちっと収まる姿は、コラボならではだと思います。


コラボ、たのしいです。



あとは土日、また会場に参ります。

お天気が心配ですが、どうか台風どっか行って。


お出かけ日和になりますように。

23
2017

搬入してきました。


おつかれさまでした。

タイムリミットがあって、
すべてが並べ終わる前に帰宅してしまったので、
案の定写真は撮れず・・・

カメラに残っていたものがあったので、とりあえずこれだけご紹介。



『おちょこセット』

0016.jpg


会場の桃林堂は、小鯛焼きで有名な和菓子屋さんです。
桃林堂限定コラボで、箱の上にはたいやきの形をした持ち手がついています。

おちょこはシンプルな磁器のもの。
薄くて軽くて、とても繊細な器です。

布は、つづれ織りという織り方で織ったもので、
経糸が見えないように、緯糸をぐいぐい押し込んで作ったものです。

ちなみに緯糸は、自分で原毛から紡いだものです。
厚みがあって、おちょこのおざぶとんみたいになっています。


これでちびちび晩酌、いかがすか。



こちらはシングル用ですが、
会場にはダブル用もありますよ。



木曜に会場に行くので、もろもろ画像撮ってきます。