category: 見に行きました。  2/3

先日、

No image

志村ふくみさんの展示会に行ってきました。志村ふくみさんは染織界での巨匠のお一人。やはり色の魔術師。私には出来ない色の合わせ方をされていて、なんでしょう、さすがとしか言えなくて。そして12月の展示会に向けて作っている自分の布を思い返すと色がない・・・。ううむ、どうしたものか。...

行ってきました。

東日本伝統工芸展に行って参りました。すみません、会期は既に終了しております。とてもお世話になっている切子の作家さん、小川郁子さんが出品されているとのことで、拝見して参りました。あんな華奢な体で、こんな大皿・・ 切子に対する小川さんの内なる熱を感じました。熱い・・・変わらず格好いいです。その後は伊と忠GINZAさんへ。こちら、5月20日で閉店されるとのこと。グループ展や初個展をさせて頂いて、私の活動を大...

北村武資展とポロック。

学生の頃、何を血迷ったか『国宝になる』 なんて言い放ったことがあります。国の宝ですよ。?。あの頃の自分に張り手ですね。なんて、とんでもなく恥ずかしいことを思い出したのは、北村さんが人間国宝だからです。なるのが分かる、技術を持っておられます。『羅』と『経錦』という織りの技術で重要無形文化財保持者に認定されました。私も織りをしていますが、食いついて見ても、もう全然すごすぎてどうなっているのかよくわかり...

昨日

浅草にあるアミューズミュージアムに行ってきました。テレビか何かで田中忠三郎さんの事を知り、『みちのくの古布の世界』という本を読み、田中さんが収集されたものが展示されているアミューズミュージアムに行かなくてはと思っていました。田中さんは貴重な昔の人々の生活用品を収集されており、どちらかというと貧しい生活をしていた人々の民具なので、古い家で眠っていたような捨てられてしまうような物達ばかりで、こんなもの...

びっくり。

昨日、文化学園服飾博物館に行ってきました。『世界の絣』 です。いつか絣を主題に展示をしてみたいと考えていまして。しかしこれらのすんごい技術を、どう自分の布に落とし込むか・・・むむむん。時間が必要のようです。でもイメージは無限にでてきそうです。その技を実現できるくらい腕を上げておかなければいけません。そんなことを考えていた中、現在制作中の布。絣ではありませんが、つなぎ糸を織り込んだもので、絣のように...