先日、

志村ふくみさんの展示会に行ってきました。

志村ふくみさんは染織界での巨匠のお一人。



やはり色の魔術師。
私には出来ない色の合わせ方をされていて、
なんでしょう、さすがとしか言えなくて。

そして12月の展示会に向けて作っている自分の布を思い返すと色がない・・・。

ううむ、どうしたものか。


2012.10.27 | | 見に行きました。

行ってきました。

東日本伝統工芸展に行って参りました。
すみません、会期は既に終了しております。

とてもお世話になっている切子の作家さん、
小川郁子さんが出品されているとのことで、拝見して参りました。


あんな華奢な体で、こんな大皿・・ 
切子に対する小川さんの内なる熱を感じました。

熱い・・・


変わらず格好いいです。



その後は伊と忠GINZAさんへ。
こちら、5月20日で閉店されるとのこと。

グループ展や初個展をさせて頂いて、私の活動を大いに後押ししてくださった場所で
お店の方も雰囲気も、とても好きなお店だったので残念で寂しくなりますが、
しかし新しいがま口のお店などもぞくぞく誕生しておられるので、
これからも好きな気持ちは続きます。



前に、私の生地で花緒を仕立てて頂き、
父に下駄を、母に草履を誂えていただいたので、
ついに私も草履をお願いして参りました。

届くのが楽しみです。えへへへへ。


ちなみに5月17日(木)から5月20日(日)にSALEがあるみたいなので要チェックですよ。




374.jpg

いろいろ、変化していくんですね。

2012.04.21 | | 見に行きました。

北村武資展とポロック。

369.jpg


学生の頃、何を血迷ったか
『国宝になる』 なんて言い放ったことがあります。


国の宝ですよ。?。


あの頃の自分に張り手ですね。



なんて、とんでもなく恥ずかしいことを思い出したのは、
北村さんが人間国宝だからです。

なるのが分かる、技術を持っておられます。

『羅』と『経錦』という織りの技術で重要無形文化財保持者に認定されました。

私も織りをしていますが、食いついて見ても、
もう全然すごすぎてどうなっているのかよくわかりません。


でも、きれいで美しいのは確か。きれいすぎるくらいですね。


私にとっての技とは・・?

そしてポロック展では、
私にとっての表現とは・・・? 布を織る意義とは・・・?


を帰り道々、悩みながら家路に着きました。


哲学です。

2012.04.14 | | 見に行きました。

昨日

浅草にあるアミューズミュージアムに行ってきました。

テレビか何かで田中忠三郎さんの事を知り、
『みちのくの古布の世界』という本を読み、
田中さんが収集されたものが展示されているアミューズミュージアムに行かなくてはと思っていました。

田中さんは貴重な昔の人々の生活用品を収集されており、
どちらかというと貧しい生活をしていた人々の民具なので、
古い家で眠っていたような捨てられてしまうような物達ばかりで、
こんなものたちよく見つけたなとびっくりします。

芸術品ではないので、

キレイ!かわいい!!美しい!!!

と大半の方がいうようなものたちではありませんが、
昔の人々が当たり前に持っていた、物に対する思いをぐさぐさと感じました。


『物を大切に使い切るのが当たり前。』


物が溢れかえっている今の世の中を思うと、
情けないような申し訳ないようなむなしい気持ちになったりもしました。

でも昔の女性達が極寒の中夜なべして作った赤ん坊の肌着とか、
夜着として使っていたドンジャ(重い物は17キロ!!)とか、
おばあちゃんが家族のために作りためておいた山のような数の足袋とか。

私には美しくいとおしく見えました。


今の世の中が目指す必要はありませんが、
私が目指す布のあるべき姿、向かうべき方向はこんな布たちだなと強く思いました。

私の布が、いつか襤褸(ぼろ)になり、このミュージアムに展示されますように。
夢です。


このミュージアム、運営はあの有名プロダクションのアミューズだからこれまたびっくりです。
新しいエンターテイメントを生み出していく方々が、古い物たちも大切にしてくれるのはすばらしいです。


そしてここ、物によっては写真撮影も触るのもオッケイなので、
是非カメラ持参で!!触って!!見て下さい。


屋上には

360.jpg

左にはスカイツリー。


361.jpg

右には浅草寺。



春休みだからか意外と人いっぱい。

362.jpg



楽しかったです。
濃厚な一日でした。

2012.03.31 | | 見に行きました。

びっくり。

昨日、文化学園服飾博物館に行ってきました。
『世界の絣』 です。

いつか絣を主題に展示をしてみたいと考えていまして。

しかしこれらのすんごい技術を、どう自分の布に落とし込むか・・・むむむん。
時間が必要のようです。

でもイメージは無限にでてきそうです。
その技を実現できるくらい腕を上げておかなければいけません。



そんなことを考えていた中、現在制作中の布。

287.jpg


絣ではありませんが、つなぎ糸を織り込んだもので、絣のようになりました。
何かの暗示・・??

とっても民芸風な趣で。

想像していたものと全く違っていたので面白がって織り進めることができました。

2011.10.29 | | 見に行きました。

«  | HOME |  »

プロフィール

nunokire_yamashita

Author:nunokire_yamashita
やましたです。
はた織りをしています。
いろいろな使い方が出来るような、
永く使いたくなるような布を制作しています。


当ブログのすべての写真や記事などの無断転載・転用を禁じます。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

お問い合わせは・・・

ely__82@hotmail.com     こちらまでお願いします。

※ elyと82の間は、アンダーバーが2つです。