category: 2014・秋冬の布。  2/2

スポンサーサイト

No image

『手つむぎ糸入り細長い布』

たまに真綿から糸をつむぎます。『つむぐ』ということについては、別でじっくりとご紹介できたらと思っております。その真綿からつむいだ糸を緯糸に使っているのがこちらの布です。緯糸にまだらに色が混じっている糸がつむいだ糸です。あらかじめ染めておいた真綿を、何色か合わせてつむぐので自然とまだらな色になります。なので織ってみないとどんな風に色が出てくるか、わかりません。それがおもしろいところです。ここでこの色...

『13センチの幅の布』

名前のままですが、幅が約13センチの細い小さめの布です。これがDMで一番目立っている布です。緯糸は綿糸で紺色です。色違いでこちらは緯糸がむらさきです。経糸はリネンとギマシルクという絹糸を使っています。見た目はツイードのような素材感たっぷりです。たしか四枚ずつ作ったような・・・すでに記憶が曖昧。こちらは下井草の展示に出します。...

『百%シルクの布』

ちょっこっとずつ、展示会に出す布のご紹介を。経糸・緯糸ともに絹なので、『百%シルクの布』です。安易です。すみません。わかりやすいかと。全体的にピンクから白へのグラデーションになっています。このピンクは西洋茜という染料で染めました。枇杷で染めたオレンジベースの布です。ほんのりと太い縞が緯に走っています。クリーム色ベースで、特に柄は入っていませんが、太さと微妙に色が違う三種類の緯糸を入れているので、離...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。