28
2016

小さい布のお話。

CATEGORY小言

小さい布、織り出しました。

1194.jpg

(伊勢丹には諦めましたーー。むりーーー。まにあわなーーーーい。)



ここでひとつ、織り子の悩み。


糸、上手にぴったりと使い切れることなんて
そうそうないことでして、

逆に足りなくなっては大問題なので
少し多めに用意したりするもんで、
このような短い糸が

1195.jpg


沢山残ってしまいます。



作家さんによって、残糸整理の対策をいろいろとお持ちですが、
私はこれらの短い糸たちを、
小さい布の緯糸に使っています。


なので、小さい布一枚分でこの糸終了ー。
ということも結構あり、
小さい布に関しては同じ布が出てくることはあまりなく
一枚こっきりだけのデザインになることも多々あります。


なので、

『これと同じ布、何枚かありますか?』

なんて尋ねられると慌てふためく私が見れたりします。



私の布は、
基本地味で主張のない至って『ふつうの布』ですが、
でも大げさですが『世界に一枚しかない布』と思うと、
いじらしく思えてきます。