09
2015

七緒のおはなし。

CATEGORY小言
小さい頃から祖母や母の影響で
お正月など着物を着せてもらっていました。

その後も年に2〜3回くらい?着せてもらい。


そして頻繁に着るようになったのは、
着てみないとどんな布を作ったらよいのかわからないと思い、
織りの仕事を始めてからです。


しかし着るのは、かしこまった席などには着ていけない
ふだん着の紬やウールや木綿の物が多く、
着たい・袖を通したい、と思わせる着物もそういったカジュアルなもので、
今まで礼装らしい礼装(はんなり着物)を着たのは数える程度です。


そんな私が七緒で出没したのが『礼装』の特集でして、
今まで苦手だと思っていた
『はんなり着物』の楽しさを教えていただき、
新たな着物の扉を開けてしまいました。 ばばーん。


1176.jpg


撮影以来、きもの熱が沸騰してしまって、
街で着物姿の方を見かけると凝視し、
テレビで時代劇が流れていると、
着ている物に目がいってしまいます。

影響されやすいんですね。