28
2014

今年の秋冬は、

CATEGORYコンセプト
ぼんやり。

をテーマにして作っておりますが、
11月の高円寺での個展では
ぼんやり に加えて
『わき役』というキーワードもプラスしています。


目指しているのは、

『ぼんやりしていて目立たないけれど、
 地味に良い味だしてるわー。』

という感じのわき役の布たちです。

日々のお洋服や生活の中での
かくし味になってくれればうれしいなと。



例えば
真冬の主役はコートでいいのです。
セーターでいいのです。
ブーツでいいのです。

それらの主役級と一つのコーディネートの中にあっても
迷惑をかけないわき役な布をイメージして作っています。



極力目立ちたくない・・・
影を潜めていたい・・・

そんな心情の表れでしょうか。

         ・・・。



まぁ半分くらい冗談で半分は本気ですが、
実際、良いもの・かわいいもの・かっこいいもの・素敵なもの、
沢っ山あふれている中で、何をウリにしたらいいかと考えたら
こんなとこに行き着きました。


こないだの個展のときにふわっと考えていたのですが、
こんなにものがあふれている中で
私の布を選んでくださる方がいらっしゃることが、
とてもとても有難くて、光栄なことで、
恐れ多くて、うれしかったんです。


そこから「やましたらしい布とはなんぞや」を考えはじめ、
今のところ『わき役』に行き着いたということです。
いいのだろうか?。


まだまだ自分の中でも整理できていないところですが、
こんな心づもりで制作中です。




1123.jpg


ぼんやり。