23
2014

『百%シルクの布』


ちょっこっとずつ、展示会に出す布のご紹介を。

経糸・緯糸ともに絹なので、
『百%シルクの布』です。

安易です。すみません。
わかりやすいかと。


1089(0111).jpg

全体的にピンクから白へのグラデーションになっています。
このピンクは西洋茜という染料で染めました。



1090(0127).jpg

枇杷で染めたオレンジベースの布です。
ほんのりと太い縞が緯に走っています。



1091(0101).jpg

クリーム色ベースで、特に柄は入っていませんが、
太さと微妙に色が違う三種類の緯糸を入れているので、
離れて見ると無地のようですが、近くで見るとそれがわかります。



1092(0171).jpg

お茶で染めたグレーベースです。
うすいむらさきも入ってます。



大きめサイズで、着物のときにも使える大判です。
でもうすくてかるいので、
洋服のとき、ぐるぐる巻くのもかさばり過ぎずに使えます。

あまり大きい布は、ぐるぐる巻くと、
むち打ちの人みたいになってしまいますが、
細めの糸を使ってうすくしているので、
大きくてもすっきりです。

そしてさすがシルク百%、てろんてろんです。


こちらは10月3日からの下井草での展示に出します。