--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
19
2014

古茶の話。

CATEGORY小言

母の実家はお茶屋さんでしてね、
たまに発掘される、売りに出せない古いお茶葉がありまして、
それを頂いて糸を染めます。


1085.jpg


香りは全く問題ないのでもったいない気がするのですが。



グレーが染まる染料は数多くあるけれど、
黄色味や赤味を感じるグレーが多く、
それに比べるとお茶で染めると青味を感じるグレーに染まります。



1086.jpg

こちらがお茶で染めた糸。

ただ今回はなんとなく赤味がほんのり・・・何故でしょう。




庭には父方の祖父が植えてくれた枇杷や梅やサルスベリなど、
染料になる植物がいろいろあって、
今はもういないけれど、
そんな環境を残してくれた祖父に感謝です。

いろんな人の恵みをうけて織りを仕事にできています。
環境が整っているということは周りの人の協力がなくてはできないことで、
私一人でできているわけではないわけで。

忘れがちですが肝に銘じなくては。

ありがたや、ありがたや。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。