--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
30
2014

以前は、

CATEGORY小言
植物染料ばかりで染めていましたが、
近頃は化学染料も併用しています。

パキパキと鮮やかすぎて、敬遠していましたが、
上手に色を調合すれば、自分が求める渋い色も鈍い色も出せますし、
植物染料よりも退色しにくいので、
化学染料も優れた材料だと思えるようになりました。


しかしまだまだ使いこなせていない実状。

自分が求めている色にするには色の足し算のセンスが必要で・・・


で、ぎらっと閃いて思い出した!!

学生時代に色見本を作ったのだった。


993.jpg

左側が綿用で、右側が絹用の色見本。


たしか二年生のとき?は、染めも織りも両方勉強し、
三年生から専攻が分かれるのですが、
織りがやりたかったので仕方がないのですが、
染めはどうにもこうにも性に合わず、
下手!!! ヘタッピ!!!

見てヘタさにもだえました。


994.jpg

ちゃんと防染できてない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。