--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
17
2013

『ダークなヘリンボーン(仮)』

こちらも、11月11日に書いた布と同じで、
ヘリンボーンという織り方で作ったものです。

ヘリンボーンは、
糸の太さだったり山型?の連なりの幅を変えると随分と雰囲気が変わるので、
規格を考えるのがおもしろい織り方なのですが、

こちらはタテ糸に
深緑・カーキ・こげ茶・茶色の4色を、
1.5センチの幅でランダムに並べています。

相変わらず暗い色の並びです。


ヨコ糸ちがいで4枚です。



その1。

754.jpg

黄色・茶色系をヨコ糸に入れまして、
ナナメの向きを変えて、ダイヤ柄になっています。



その2。

755.jpg

ヨコ糸、緑とうすいグレーとチャコールグレーとカーキ色。



その3。

756.jpg

チャコールグレーとグレー。



その4。

757.jpg

端っこだけ緑で、他はこげ茶色一色で織っています。
タテ縞が目立ちます。




春夏によく作る、『しましましま』とかは、

759.jpg



もう柄の位置は自分の中で決まっていて
色を変えて何枚か作るのですが、

『ダークなヘリンボーン』は柄を変えて4枚分作るので、
柄が決まって織り出すまでが、少し時間がかかります。


少し織ってみて、近くで見たり遠目で見たり。
色を変え糸を変え、様子を見つつヨコ糸の入れ方をかためていきます。




758.jpg


ちなみに端は縮絨しました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。