26
2013

普通の日々に、

着物を着たい方、こちらをどうぞ。

649.jpg

『きものとからだ』

書かれた三砂さんは毎日きもの生活をされているそう。



内容とはちょっとズレますが、私が夢見る着物のポジションは、
きものが洋服と同じレベルになることです。

『今日はどっちのTシャツにしようかな。』 と、
『今日はワンピースと木綿の単衣、どっちにしようかな。』が、
同じくらいの感覚になることが、私の妄想です。

毎日きもの生活でなくてもいいから、普段の選択の1つに。
もっと身近な存在になればいいなと。

かなりのファンタジーですが、
そんな風に思ってくれる人が増えたらうれしいなと思っています。



きもの生活もかっこいいけれど、洋服も着たいし、
どっちも良いから、私はいいとこどりをしようと思います。