柿渋の話。

518.jpg


最近写真が上手く撮れない。(ひとりごと)



こちら、タテ糸にもヨコ糸にも使っている茶色。
糸は違いますが、同じ染料で染めたものです。

『柿渋』 という染料で染めました。


まだ青い渋柿を搾ったものを発酵させ、その上澄みを熟成させた液体なのですが、
その液に浸して、日光に当てて発色させます。

乾くとパリっと張りが出て、糸がかたく丈夫になります。

普通の植物染料と違って、鍋で煮詰めたりしなくてよいので、
地球には親切なのかもしれません。


日光に当たれば当たる程、色がこっくりと深くなっていきます。
これも普通の植物染料とは違う所です。

基本的に植物染料は日光に弱いので、直射日光に当てると色が退色してしまいます。
でも柿渋で染めたものは、より深みが増して、いい塩梅になります。



しかしこの柿渋、どうにもこうにもくさい。

脳内にぐっとくる臭さです。

学生の頃、部屋で使ったら暫く臭いがとれなくて、頭が朦朧。
なんてことがありましたが、今は無臭のものが売っているので、それを使っています。



柿渋で染めた糸は、かたく張りが出るので
ぱりっとしたカタい布を作りたいときに向いています。

2013.03.05 | | 糸たち。

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:nunokire_yamashita
やましたです。
はた織りをしています。
いろいろな使い方が出来るような、
永く使いたくなるような布を制作しています。


当ブログのすべての写真や記事などの無断転載・転用を禁じます。

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

お問い合わせは・・・

ely__82@hotmail.com     こちらまでお願いします。

※ elyと82の間は、アンダーバーが2つです。