31
2013

せまりくる織り機。

CATEGORY小言
489.jpg


こちらは嫁ぎ先がもう決まっている半幅帯です。

新しい織り機で織っているのですが、
この機(はた)は、今の住宅事情を考えて、とってもコンパクトに作られたもので、
一畳もあれば充分織れます。

逆に古い機は、巾の広いものも織れるので大きいです。
二畳分くらい。
そして重い。

なので、古い機でガンガン強くヨコ糸を打ち込んでも、びくともしないのですが、
新しい機は、動く動く。

帯はかなり打ち込みを強くして織るので、
しかも畳の上でやっているので、畳の向きが丁度滑りやすく、
どんどん迫ってきます。


『どんどん織れよ』と攻め立てられているような気すらしてきます。