10
2012

次。

CATEGORY小言
昨日の画像の、紙糸を織り込んだ布は、
一番基本的な平織りなのです。

しかし色が違う2種類の糸の並べ方によって柄をだす、
『あじろ織り』という織り方です。

なので『あじろの布』と名付けました。


そのあじろの布も昨日織り上がり、
早速次の布に入ります。



次の三越での展示会まであと二週間となり、時間があまりないのですが、
なかなかまとまらず暫く糸とにらめっこしながら唸る。


398.jpg


むー んー


新しい布にとりかかる時にいつも悩まされること。

その布の意図や意味。

行き着くところは「作る意味」や「自分の立ち位置」まで。
作家か 職人か 芸術家か・・。



いつも明確な答えは出ないまま、悩みつつ。

でも見て下さる方がいるので、その方々に失礼のないよう、
可能な限りの面白くて良い布を作るという事だけは忘れずに作ります。



なんだか青臭くて背筋が寒くなりますね。 すみません。