16
2012

届きました。

CATEGORY布きれ。
先日お願いしてきた、お草履が届きました。

伊と忠GINZAさんで、私の織った生地を花緒に仕立てて頂き、
台と前坪の生地を選び、すげて頂きました。

381.jpg  382.jpg

左がかしこまったときにも使える用。
右はカジュアルに。


383.jpg  384.jpg

左のプチプチは自分で真綿から紡いだ糸。


自分の生地だと思うと、愛着もより一層強くなります。
一生ものです。
おばあちゃんになっても、それよりも三代先まで使ってほしいと思います。

あ。 うれしい。
伊と忠さん、本当にありがとうございました。





よく、「鞄にすれば」とか、「何かに仕立てればいいのに」と言われます。

しかし布の状態でいるほうが、
より色んな場面で色々な方法で使えて、
使用範囲がぐぐぐと広がると思うので、
布のまま出しています。

だってハサミ、入れられませんもん。

やましたの布で、何か形にして下さるのは新しい発見があるのでとても嬉しいので、
どんどん活用していただきたいと思っていますが、
自分では当分するつもりはありません。

だって形になっているお洒落な物、沢山ありますもん。


『布』にこだわりたい。そう思って、それはぶれずにいたいと思っています。




でも、こんな風にかわいい花緒に変身しちゃったら、
ちょっと気持ちがぐらついちゃいます。


気まぐれ・やましたでした。