25
2011

電車で寝てたら

CATEGORY糸たち。
寝違えました。

いたい。




織りは、始めと終わりに、織りきれずに経(たて)糸が余ってしまいます。

普段はそれを『はた結び』という結び方でつなぎ、また一本の長い糸にして、織り込んで使ったりします。

253.jpg

写真が、結んだ状態です。

無駄にはせずに、きちんと使います。


でも今作っている四方布は、無駄が出ません。
糸をフルに使い切れます。

はた織機を使うと早く布が織れますが、糸が余ってしまいます。
四方布は、とてつもなく時間がかかりますが、無駄が出ない。

こんなに時間をかけて布を作る意味があるのかは、正直わかりません。


でも四方耳のからみの布は、機械を使わず手じゃないと作れないと思うので、こんな便利な時代にあえて面白いかと。
他にやりたいと思う人はあまりいないかと・・



なので、ただ黙々と。うんうん。

面白がって頂けるといいなぁと思いながら、作っています。