--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11
2008

チキンなやました。

CATEGORY布きれ。
前回から 続きます。


綜絖(そうこう)に通し終わったら、筬という道具に糸を通します。

025.jpg


織り幅を一定に保つため。
緯(よこ)糸をしっかりと打ち込むため。

の、筬という道具ですが、わかりますでしょか。
何ミリかおきに区切られていて、これまた一本一本通していくんです。

・・・なかなかわかりづらいかと思いますが、あっちに通してこっちに通して巻いて結んで・・・ と、織りは意外といろんな工程があるんですよー というのを知ってもらえたらうれしいなと思いまして。


実際に織るのはそこまで大変な作業ではなく、どちらかと言うと織るまでが大変な気がします。


026.jpg
経糸が張れた状態です。

そんなこんなでもりもり織っています、パート2。




先日物づくりの先輩方とお会いしてきました。

『himie』の下川宏道さん江戸切子をされている小川郁子さん『tratelier』の松原智仁さん、長井陽子さん


みなさんとっても活躍されているのでガッチガチに緊張してしまいましたが、ものづくりをされている人とのつながりがあまりないもので、その場にいれたことが嬉しかったです。

料理もとってもおいしかったし。


なんだか醸し出す雰囲気が素敵なんですよ、みなさん。落ち着いた大人なオーラ?。

私も欲しい。



11月の末から12月あたまにかけて、下川さん・小川さん・松原さんと一緒に展示会に参加させていただけることになりました。


ビビりな山下はすでに緊張していますが、気を引き締めて頑張ります。


こんな貴重なチャンスをくださったのは、クリエイティブコーディネーターの裏地桂子さん

本を出されていたり、『啓子桂子』というブランドの企画・プロデュースされていたり、お店のプロデュースもされていたりして、とにかくとてもすごい方。
検索すると沢山出てきます。


織りを初めてまだ七年くらいの私に、こんなチャンスを与えてくださって本当にありがたく思っています。感謝しようにもしきれません。


この恩返しは、良い物をつくること!!。

一本一本念を込めて? 心を込めて、織っていきたいと思います。





・・・長くなってしまいました。すみません。



というわけで展示会の詳しいことは、また今度まとめてご報告しますのでよろしくお願いします。


やました踏ん張り時です!!。鼻息も荒くなりますよ。

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。