archive: 2013年12月  1/1

ひねくれ者。

年末年始のそわそわした感じが苦手な山下です。ひねくれ者。なので、本日も通常営業中。ヨコ糸には、食べるバナナの茎の繊維から作った、バナナの糸を使っています。短い繊維を紡ぎ車で紡いだもので、ゴワゴワっとした硬い糸です。チクチクして巻物には使えないので、小さい布を作るときに使います。沖縄の芭蕉布も同じバショウ科の繊維ですが、こちらは糸芭蕉と言って糸を取るためなので、また違う種類です。私が紡いだバナナの繊...

新しい

『七緒』を読んで、フムフム。クスクス。着物着ても、出かけるためではなく、作る上で着物を知るために、そして気持ちを上げるために、ユニフォームとして着ているので正直わかっていないこと沢山。小さい頃は母の勧めるものを着て、自分で着るようになってからは、着たいようにフリーダムに着ていたので、着物のルールなどおかまいなしで、何がわからないのかもわからない状態でした。茶道などをしているわけでもないく、織りのも...

次のタテ糸・迷走中。

次のタテ糸に使えそうな糸を広げて考えてみます。まとまりつかず、混乱中。なんとかまとめて、明らかに使わないであろう、ド・ピンクのラミーの糸。いつか使うかも。と思っていましたが、このままだと劣化していくだけなので、上から色を染め重ねて使うことにしました。なので、染める為の準備。 『綛(かせ)あげ』輪っかになっている状態を綛というのですが、写真の綛は輪が大きすぎて、そして量が多すぎて、このまま染めると染...

ネルの裾よけ。

父方の祖母が使っていたネルで作った裾よけ。祖母は小柄だったため、私にはだいぶ短いので、洋服で作業するときに、ギャルソンエプロンのように腰に巻いて使っています。とってもとってもあたたかい。冬の着物は腹回り以外は結構スースーして寒いので、着物の時用に、自分サイズで作ってみようか。 どうしようか。今はいろいろな機能下着などがあり、私も多用していますが、昔の人はどうやって防寒をしていたのでしょうか。気にな...

てんてんてんてん。

タグ、いつも搬入前日とかにせこせこ作っていますが、今まで使っていた点々カッター、間隔広くていまいち気に食わず、やっと見つけて買っちゃって。あがる!!テンションあがる!!!手前が新しく買ったもので、奥が初代。無駄にいろいろ点々に切りたくなっちゃって、大迷惑。初代の裏側。目は私が書きました。...

大掃除。

No image

どうしてこんなにホコリってでるのでしょうか。どこから。?。どこっ!!!...

日本民藝館に

行ってきました。前回の催しの時にも行ったのですが、休館日に行ってしまい撃沈。今回はきちんと調べて行ってきました。『日本民藝館展』公募展で、受賞された方々の作品が展示されています。販売もしているのでお客様も多め。器もあるし、竹もあるし、漆も紙も。ジャンルもいろいろですが、織りもいろいろ。椅子敷などのノッティング、手紡ぎ手織りのホームスパン、こちらも手紡ぎ手織りの木綿の着尺、芭蕉の細ーーい糸で織られた...

先日の、

『とおまわりみふゆ』でかけていただいた嬉しかったお言葉の中に、「いろんな布があるね」というのがございまして。いろいろな面白い布が作れる布屋になりたいんです。なのでうれしかった。そして、「これならずっと使えるね」というお言葉もいただきました。1シーズンだけの布ではなく、一生使えるものを作りたい。子供・孫の世代まで使えるような長く使えるしっかりとした布を作りたい。そう思っているので、これまたとてもうれ...

生き返りました。

やましたです。無事生還。早速ですが、次の展示は三月あたま。現在、年内お納めの布を制作しつつ、思考回路は次へとシフトしていかなくてはなりません。いつまでも再起不能ではいけません。三月の展示はおなじみ表参道・桃林堂さんでの三人展です。小さい布、半幅・角帯としても使える布を中心に出す予定です。『とおまわりみふゆ』のときとは素材もアイテムもがらりと変わりますので、どうぞどうぞお楽しみに。時間が足りない。!...

終わりました。

No image

『とおまわりみふゆ』なんでしょうか、だいぶふわふわしております。後半は冬らしい寒さになってしまい、そんな中足をお運びくださいました皆さま、誠にありがとうございました。久し振りの個展で、どうなるものか恐れおののいていたときもありましたが、どうにか終えることができやってよかったと思っています。1つの空間で、自分の世界を作り上げる。楽しかったです。そして皆さまのお言葉、ありがたく吸収させていただきました...

おせわさまです、

やましたです。GALLERY工さんでの展示会、やってます。二日目も無事終了致しました。終わらずに昨日の晩までせこせこプリントアウトしていた今までの布の記録。増殖しましたので、よかったらこちらも見てください。本当はもう少し印刷したいものがあったのですが、インクが底を突き、ひとまず終了。今まで作ってきた布たち。作った本人も結構忘れていて、見返して自分でほほぅと唸ったりもして。やましたの布きれ展『とおまわりみ...

と、いうわけで。

怒濤の布の更新が終了。本日搬入して参りました。なんとか埋まりました。広い、工さん。昨日タグを作りながら、やっぱり間違えていた。布布 になっとるがな。毎回一回は誤字脱字しているタグ。さて、これはどの布についているでしょう。探してみてください。作りかえずにそのままにしてあります。 こらこら。お天気も大丈夫みたいで、よかったです。一昨日?か昨日の雲。飛行機も写ってます。いいことありそうな予感。さて、いよ...

『色ちがいの布』

最後の最後に織っていたグレーバージョンの『色ちがいの布』本当は三枚織りたかったのですが、焦って何かしでかしそうな気がしたので、潔く二枚にしました。縮絨がきっちりかかり、かなり密度が高い布になりました。こういう布が好物です。その1・モノクロ。その2 緑がかった紺とベージュ。この規格で大きい布もいいかもなぁと、思うのでした。とりあえず織り作業はこれが最後です。おつかれさまでした。...

『大きい緯縞の布』

今回、一番幅のある布です。冬になると、黒装束になってしまう私ですが、みなさまは如何でしょうか。黒になりがちな冬のコート事情。(私だけ?)色を添えられたら・・ という気持ちで作ったものです。この規格で作るのは3回目なのですが、こちら、前もって柄は決めません。実際に使いたいヨコ糸を入れてみて、そこから配色や縞の幅をその時の直感で決めて行きます。ですので同じものは作れません。まぁ私の作るものは、大部分が...

『つなぎ糸とカシミヤの布・エリ蚕とカシミヤの布』

ほぼカシミヤの布です。カシミヤの布は、非常にほにょほにょです。ラムウールのむぎゅっとした質感も好きですが、カシミヤのほにょほにょ感もいいものです。今回の展示では、カシミヤ混のウールも使いましたし、アンゴラ混のウールも使いましたし、ベビーアルパカも使っています。それぞれ質感が違うので、実際に触ってそのちがいを知って、触覚にブルブル刺激を与えていただきたいと思います。大仰な。その1このつなぎ糸、実は染...

『グラデーションギンガムの布』

ギンガムチェックとグラデーションを一枚の布の中に。というところから考え始めた布。タテ糸に綿とウールを使っています。白い方がウールで色付きの方が綿です。白からグレーへ、グレーから紫へ。のグラデーションになっています。その1サッカー生地のようにぽっこぽこになってくれました。これはぜひ触ってみていただきたい。すごいんですよ、ぽっこぽこが。アイロンかけると伸びてしまうので、こちらはアイロンはかけていません...

『色ちがいの布』

こちら、細いです。 20センチくらいです。 幅が。両端に色の違う2色をヨコ縞で入れています。それだけなのですが、巻いた時・結んだ時、かわいいかなと。ラムウール100%です。その1 チョコとカフェオレ。その2 さつまいもと栗。その3 かぼちゃの内外。私があまり肌がたくましくないもので、ウール100%のものとか、ちくちくして駄目なことが多いのですが、しっかり縮絨かけて起毛させたので肌弱めの方でもいくらか使いいいの...