archive: 2013年11月  1/1

昨晩、

『つなぎ糸の布』 が無事織り上がり、本日一日中、房の処理。たまった房の処理。  たまって る  房 。ウールものを織ると、沢山出てくる紙管。これに糸が巻かれてるのですが、この紙管、いつも何かにできないかと思うのですが、特に思い浮かばず。資源ゴミでさようならしていますが、何かにならんかな。...

今日中には、

織り上がる予定。『つなぎ糸の布』度々登場するつなぎ糸。今回は地にカシミヤを使っています。着尺のタテ糸に使っていたものなので、細く、そして少し「のり」が残っています。つんつんしているのがつなぎ目です。かわいいですねー・・・・グレーとかクリーム色とかベージュとか茶色とかを繋げています。刺し子をしたように、つなぎ糸が走ります。つなぎ糸が絹で、地がカシミヤなので、絹のツヤが際立ちます。恐ろしい事に 本日、...

『モノトーンギンガム(仮)』

紺とか茶色も使っているので、まだ名前は(仮)です。しつこいと言われそうなくらいしつこく作っています、ギンガムチェックの布です。男性でも恥ずかしくなく使えるように、地味じみなギンガムを作りたくてですね。タテ糸は、細い黒のウールと綿のグレーのコンビと、細い黒のウールと綿の紺のコンビを、半分ずつ並べました。(説明むつかしい。)その1。たて糸と同じ糸をヨコ糸に使ったもの。その2。たまに、うすい紫とグレーのラ...

あっちゃー。

やっちまった!。 な今回のDM。いったい何の展示なのでしょう?。手織りの布の展示会です。わかりづらくてごめんなさい。DMにうつっているいろいろなものは、私が普段の生活で使っているものたちです。それらの日用品たちと同じ仲間として、私の布も見て頂きたい。使って頂きたい。という思いから、こんな感じになりました。よくよくDM見てると、ありゃ!やっちまった!!こうすりゃよかった!!!な点が、いろいろと見えてきます...

おいこみ中。

自分を。ほい! ほいほい!!差し迫らないと火がつかないタイプの人間なので、気付いたときには大変な騒ぎになっている。今年こそはコツコツ派になりたい。と、毎年思うのです。来年こそは、コツコツな人に。なってみたい。どーだかね。...

こちら、

『リバーシブルの布』です。片面が絹が沢山見えて、もう片面がウールとかアルパカとかが沢山見える。という布です。何度かこの規格で作りましたが、今までは絹の方を半分こずつ二色使って作っていたのですが、今回は絹の方にタテ縞をこっそり入れて作ってみました。全部で四枚。その1。ヨコ糸:うすいグレーとチャコールグレー。右上がウールが多く見えているほうで、左下が絹が多く見えている方です。タテ縞、見えますでしょうか...

北欧とかロシアとか、

織り上がったので、ほい!ほいほい!!時間ないから次次!!!...

最後の

一枚はこんな感じで、ヨコ糸に紺・こげ茶・白・ピンクを使っています。たまに入る、ビワで染めたピンクがポイントかと思います。私にしては色が強めで、どうしたのと言われそうな色たちです。...

愉快なロシア

の次は、おとなしい色にしてみました。明るい色ばかりだと、ざわざわして落ち着かないので。画像、暗いです。実物はもう少し明るいような。...

『ダークなヘリンボーン(仮)』

こちらも、11月11日に書いた布と同じで、ヘリンボーンという織り方で作ったものです。ヘリンボーンは、糸の太さだったり山型?の連なりの幅を変えると随分と雰囲気が変わるので、規格を考えるのがおもしろい織り方なのですが、こちらはタテ糸に深緑・カーキ・こげ茶・茶色の4色を、1.5センチの幅でランダムに並べています。相変わらず暗い色の並びです。ヨコ糸ちがいで4枚です。その1。黄色・茶色系をヨコ糸に入れまして、ナナメの...

皆さまは、

室内で巻物とか、膝掛けとかされますか?。織りながら、ふと思いまして。 どうでしょう。外にいる時だけでしょうか。お勤めの方は、中はあったかいのですか?暑いのでしょうか。布なんていらないほど。次の展示会のときに、普段の布事情・温度事情、お聞かせいただければ幸いです。だいぶ寒くなりましたね。私は寒がりなので、布をぐるぐる巻きにして作業していますが、おかげでまだストーブ出さずにやってこれています。で、話は...

北欧の、

風邪が  あ? 違う。風が吹いている。ような布を織っています。幅が広いので、腕の長さが足りてません。...

本日の作業。

朝っぱらから布の仕上げ。気持ちよく入浴中な布5枚。一段落したら、次の経糸を機にかける準備を。 左の画像が、私が座る側から撮ったもので、右の画像は、反対側から撮ったものです。絹なので、ギラギラしてますね。この作業は一人でもできますが、これだけ幅があると、中々時間もかかり、同じテンションにするのがとても難しいので、母に手伝っていただいております。母のお力添えをいただきまして、明日から織り出します。...

さむい。

今日の天気はなんだか色んな季節が入り交じったような感じで、もう秋は終わってしまったのでしょうか。 悲しいです。そして本格的に冬になったころ。12月6日から、私の個展が始まります。 なんとなく宣伝。今回の展示では、ウールのものが多くなります。半幅などの和物は、3月の三人展の時に多めに出すつもりでして、今回はサイズがいろいろで、巻いたり羽織ったり掛けたりできるような、ただの布ものが多いです。その中でも、ヘ...

房の話。

織り上がったら、緯(よこ)糸がほつれて出てこないように、経(たて)糸の処理をします。かがったり、ウールだったら縮絨したりしますが、大体は房にします。仕組みは中尾巻きと一緒です。(中尾は中尾彬さんです。)房は、人によってやり方や太さや長さが色々で、ここにも個性と言うか、こだわりが出ているところだと思います。私はきっちりきつめにするのが好きなので、ぎゅぎゅぎゅとなっています。ゆるめにやんわりされる方も...

小豆色に、

する予定でしたが、どちらかというと。さつまいも?。おいしそうな色になりました。...

織り上がりました。

ドドン。五枚分。糸の密度を上げて織ったので、かなりぎゅっとした布になるはずなのですが。仕上げがうまくいきますように。...

こんな色に、

染めようと思ったが、ちょっと、ちょっと?ちがう。トマト色。帰り道、星が沢山見えてしあわせでした。みなさまおつかれさまでした。...

12月の展示会に

出す布たちを小出しに紹介していこうと思いまして、『 2013・秋冬の布。』 というカテゴリを作ってみました。こちら、『 毛と麻の凸凹の布(仮)』 です。ヨコ糸違いで三種類。白い糸は細い麻で、色のついている糸は細くはないウールです。ウールは縮みますが、麻は殆ど縮まないので、自然と凸凹になります。タオルが好きですが、あのオウトツのある触り心地が、たぶん好きな点でして、自分が作る布はデコボコした布が多いです。...

糸を染める。

紫に染めました。 羊の毛です。これは山羊。メェ。正解はこちら。染めは、ビワとかお茶の葉とか梅とか植物で染めることが多いですが、最近は染料も使うようになりました。どちらにも長所・短所があり、それを知った上で、どちらとも仲良くやってみようと思うようになりました。いいとこどりで。使う色が広がるということは、作る布の振り幅も広がるということだと信じて、がんばります。...

こちらで、

糸とか布とか、織りのことばっかり書いていても、読んでくださっている方は飽きるかなと思い、その他のことを書こう。!。と、思ったものの他のことが特に何もない。 ない!!。びっくりですね。糸染めて、織って・・ おやすみなさい・・・。他にはご飯食べたり、おやつ食べたり、コーヒーがぶ飲みしたりして。 ・・・。日々のおやつ事情でも書いてみようか。量に、びっくりさせてしまうかも。まずはチョコから。...

縞とかストライプとかボーダーとか。

洋服の話だとストライプとかボーダーと言いますが、織りだと(特に和物だと)、縞(しま)といいます。別に呼び方は何でもよいのですが、自分が格子よりも縞の方が好きらしく、縞の布を作ることが多い気がします。自分の好みで作るのはいかがなものかと思っているのですが・・ もごもごもご・・今織っている布も、縞。 ヨコ縞です。アシンメトリーな色を使っての太い縞です。どうなんでしょうか。織った部分は、どんどん巻かれて...