archive: 2013年08月  1/1

どこから来たのか。

次の布どうしようかと、今までの試し織りを見返していたら、急に鼻の横に何かが突撃。カナブン。虫、平気な方だと思いますが、部屋で、カナブンにぶつかられるなんて予想もしていないから、ついつい声を上げてしまった。たまげすぎてどっと疲れてしまった。でもきれいな緑色をしていました。姉が『ミドリムシ?』って意味不明なことを言っていました。ごめんねカナブン、びっくりしちゃって。そしてタテ糸、頭の中で構想中。...

昨日は、

横浜の元町へ行ってきました。副都心線のおかげでラクチンに行けて、最近地下はすごいことになっています。夏じたく展で御見知り置きいただいた、同い年のガラスの作家さん、金子さん。同い年の作り手さんはとてもとてもめずらしく、とってもうれしくて。その金子さんが元町で個展をされていたので、刺激を受けに行ってきました。ちょっとやる気期が終わりそうだったので。 ・・・。ー金子朋恵さん 硝子の器展ー9月1日(日)まで...

本日いろいろと。

糸染めとか、リバシブルの布の仕上げとか、次のタテ糸の準備とか、もりだくさん。諸々、ショート寸前です。今日染めたのは、酸性染料です。実物とちょっと色が違う。ちょっときれいすぎたかもしれません。どうだろうか。もうすこし鈍くすればよかったかな。たまにはいいかな。先ほど洗いましたが、きれいに染料を吸って、液が透明になっていました。糸って生きているのかしらと思う瞬間です。...

普通の日々に、

着物を着たい方、こちらをどうぞ。『きものとからだ』書かれた三砂さんは毎日きもの生活をされているそう。内容とはちょっとズレますが、私が夢見る着物のポジションは、きものが洋服と同じレベルになることです。『今日はどっちのTシャツにしようかな。』 と、『今日はワンピースと木綿の単衣、どっちにしようかな。』が、同じくらいの感覚になることが、私の妄想です。毎日きもの生活でなくてもいいから、普段の選択の1つに。...

次の経糸は1144本。

織り縮みするので、機の上のサイズと、仕上げの作業をして最終的なサイズと、変わってきます。結構縮みます。1割から2割くらい?。今回は機の上では71.5センチ。ここのところ細い巾のものばかりだったので、広幅はひさしぶり。これから暫くは広幅が続く予定。予定は未定。...

湿気が、

重い。早く涼しくならないかな。布を首にぐるっぐる巻きにできる季節に、早くなるといいな。今日は友達の引っ越しのお手伝いに行ってきました。引っ越し屋さんのお兄さんの腕っ節にほれぼれし、筋トレをしようと決心しました。続くといいね。新しい生活、落ち着くまでは慌ただしいと思うけれど、きっともっと楽しくなるはず。 がんばってね☆。私もちょっと引っ越ししたくなりました。おとなりとかに。(大きい環境の変化には適応...

帯もいろいろ。

こちら7×227センチの帯。学生時代に母が弓道で使っていた帯。細いのね、弓道用。以前何かの催事のときに、弓道用の帯を探されている方にお会いしまして、ちょっと調べてみようと思っているところ。こちら、少し前に頂いた帯。22×314センチ・・・。不思議帯。これがうわさに聞いた六寸帯・・?でも長さも短すぎる気も・・。普通六寸帯、お腹回りに巻くときは少し折り返してお好みの巾にして使うそうですが、この帯、お腹回りに巻く...

やる気期。

やる気がある時とない時の差がはげしい山下です。現在やる気満々期。こちらは以前、アメリカセンダングサで染めた糸。結局媒染を鉄にして、カーキ色になりました。良い色。...

姉が、

買ってくださいました。大人の必需品。万年筆。ちょいとレトロな赤色。昭和なおばあちゃんの雰囲気です。ペン先も、私の好みを聞いて、選んでくれました。細字です。し か も 。見えますか? 名前入り。『枝梨子』ローマ字で横文字さらりが普通のようですが、ちょっとそんなの大人すぎて私にはまだ早くて似合わない、なんてもじもじしそうなので、縦書きで下の名前だけ入れてみました。よりいっそうおばあちゃん。ありがとう、...

メリとハリ。

No image

ちょっと公私混同・・? な日々。1人で仕事をしているので平日も土日も関係なくなり、オンとオフが区別できずにダラダラ作業したり、自由時間も思いっきり自由にできなかったり、小さな雑務が溜まっていたりして、気になりつつもできなくて。なので今日は織り作業は忘れて、溜まっていたいろいろをどどんと片付けました。あぁ すっきり。...

ハプニングは突然に。

とんでもない大失態をしでかしてしまったやましたです。みなさんお元気ですか。私は国外に逃げてしまいたいくらいの恥ずかしさに悶えつつ、元気です。★。すみません、ご迷惑をおかけ致しました。猛省中です。そんな赤っ恥な昨日は、最近暑くてすっかりご無沙汰だった着物で出かけて参りました。【本日のきものメニュー】自分からお腹を見た図です。きもの:母が若い頃着ていた夏紬。帯:自作の半幅帯。(麻と絹)半幅帯のときは大...

リバシブルの布の話。その2。

手前のグレーの方が、黒い糸よりも細いので、ナナメに見える白いタテ糸の角度がゆるやかです。黒のほうが急斜面です。厚みも微妙に違います。しかし暑いですね。大丈夫ですか?。...

うらおもて。

  別にどちらが裏でどちらが表というのはないのですが、今織っている布は、リバーシブルの布です。今までにも何度か作っているのですが、その時々で色やヨコ糸の素材をウールやアルパカ、アンゴラなどにかえたりして私もその違いを楽しみながら作っています。左側が、織っているときに見えている方で、これは茶色のベビーアルパカをヨコ糸に入れていて、アルパカの方が3:1の割合で多く見えています。右側が、見えていない方で、...

暑いにも程がある。

機を置いている作業部屋にはエアコンがないので、発汗がすごいことになっています。今日は14時頃、図書館に避難してきました。夏のはじめの猛暑のとき、もうさすがに無理かもと思っていたのですが、ここのところの暑さはほどほどなもんで、今夏もまだいけるかも、と思ったら、すっとこどっこい。大間違いでした。溶けてしまう。まっすぐになるように織ります。...

タイトルを。

次の展示会のタイトルを考え中。まだ未定すぎて書けませんが、今回は久し振りに個展になるので、どどん!とやましたらしさを出したいと思っております。なので、やましたらしさを再考中。しかし、これでいいのかな?が、チキンハートをツンツン突っついてくるので、まだ自信を持って公表出来ずにいます。すみません。その個展は12月の頭になります。きっと!!あっという間!!!行き詰まったときは、糸をつなぐに限ります。...

汗だくで

糸染めと、布の仕上げ中。染めは、アメリカセンダングサです。ハイジ(祖母)のところに行ってきた母が採ってきてくれました。季節的に採るのが少し早く、煮出しているときにあまり色が出ず。でも本によるとよく染まると書いてあったので、様子を見ていたら、とても色がでてびっくり。染料の量もあまりなかったのに。このびっくりがたまらなく楽しい草木染め。明礬で黄色にするか、鉄をかけるか。悩み中。布の仕上げは、これからお...

上手に

No image

織る技術が足りなくて足りないです。でも今日は良い出会いがあったので、落ち込まずにしばらく頑張れそうです。あんまり引きこもってばかりでは駄目ですね。外に出て、人に会って、刺激を受けることを最近怠っていたなと実感しました。ちょっとアクティブ期になってみようと思います。メラメラ。やる気が。...

昨晩

やっと織り上がり、房の処理もして、只今仕上げの湯通し中。の布が他にも沢山溜まっていて、でも知らんぷり中。暑い中のアイロンがけがどうにもこうにも億劫でして。織り上がって機から布を下し、掃除機をかけますが、絹はそうでもないですが、綿・麻・毛を使うと機の下に綿ぼこりが。フワフワフワ。ほわほわほわ。...