archive: 2011年11月  1/1

茶目っ気のある布。

緯(よこ)糸を通す度に、笑えてくる布を織っています。文化服装の博物館に行ったときに、「みみ」が親指くらい太い糸を使った布があり、なんだかとても気になっていました。あんな風に、目を引く布を作ってみたい。と爆発的に触発を受けて、作ってみました。これはモノトーン版。みみが、ぷくぷくしているんです。つまみ心地最高。私自身、布は触り心地だったり、肌にふれる触感を大事にしたいと思って制作しているので、織りなが...

フェミニンな布。

織り上がりました。五色あります。ほんわか やわらかな五つの色です。緯(よこ)糸に、柔らかいアンゴラやラムウールを使いました。触り心地も抜群です。仕上げには勿論、よりより。...

織り出しましたよ。

しっとりふぇみにん。お上品。...

うぅむ。

目がぱちぱちしてくるので、しもふりの布をかがりつつ次の経(たて)糸の準備もしています。こんな色。玉ねぎの皮で染めたクリーム色と、枇杷とけやきで染めたベージュと、紅茶で染めた茶色が入っています。よくわかりませんね。...

しもふりたち。

織り上がりましたよ。カラフル。 か?端を一本一本い入れこんでいきます。目にきますね。ブルーベリーって本当に目に効くのでしょうか。...

あれはたしか・・・

二年前?『しもふりの小さい布』という布を作りました。現在しもふり熱が上がってきて、作っています。前回よりも少し大きくなって戻ってきました。ほらほら 松坂牛みたいですよ。...

センチメンタル。

わあ ぁ ぁ  ぁ 。カレンダーが11月になっていました。暗くなるのも早くなり、泣きませんが泣けてきます。ここの所糸染めをしていました。続くとちょっと腰にきます。でもたくましくなっていく腕の筋肉を頼もしく思いながら、糸と格闘しています。枇杷の枝で染めました。...