archive: 2008年06月  1/1

スポンサーサイト

No image

しちふゆブック

2007年の冬辺りに作った布をまとめたブックを作りました。「しちふゆ」です。どんなコンセプトで作った布なのかを知ってもらいたい。 というのと、展示をしたときに、今までの記録として残しておきたいので作りました。展示会の際には是非ご覧になってくださいね。ちなみにこれは、私が好きな雑誌。フォントや構成がとってもシンプルで潔くてかっこよい。背伸びしない生活をしたいな と思える雑誌で気持ちが和みます。そして、次...

今日も腰を痛くする。

今日も糸を染めました。今回は紅茶です。染めている間は紅茶のよい香りがただよいます。よい気分。専用の火力の強いコンロはないので、普通の家庭のコンロでやっています。狭い・・・紅茶で染めた茶色は、なんとなく時間を経た雰囲気があって私は好きです。...

染め日!!

今日は染め日でした。お茶で染めました。緑茶ですね。こんな素敵なグレーが・・・ がは。手前の三つが絹で、奥三つがラミー(麻)です。同じ染料を使っても、素材によって出てくる色は違います。絹は植物染料と相性が良いので、ラミーよりも濃く染まるんですね。豆知識ですよ!!奥さん!!。糸を染めると腰が痛くなります。...

人の手。

こないだの火曜日に、大崎に行ってきました。初上陸です。「日本剪画美術展」を見に、行ってきました。『剪画(せんが)』   …とは、とっても端的に言うと切り絵と言っていいのでしょうか。日本剪画協会のホームページには、「黒い和紙を刃先で切り出して描く絵画」と書いてあります。大学の大先輩が出展されているとのことで、案内をいただきまして行ってみたのですが、改めて人の手の力はすごいなと感じました。初めて剪画な...

ふさ。

織り終わりましたよ!!これから経(たて)糸の端処理として、ひたすら房を作っていきます。今回は、小さいサイズの布も作りました。名前を “四方房の布” と言います。緯(よこ)糸がほつれてこないように経糸を房にするのですが、今回は四つの辺すべてに房をつけていたいと思い、緯糸を垂らしつつ織り進めていきました。これで、四辺とも房になりますよ。ちゃぶ台の上で、ひたすら撚り撚り。なので、倍近く時間はかかりますが、...

ろうそくと着物。

No image

昨日、雷すごかったですね。停電しましたよ。ろうそくに火をつけて、夕ごはんを食べました。誕生日パーティーな感じで、たまになら楽しいのかなと思ったり。でも、やっぱりずっとはつらいですね。回復した時に、電気がつくってありがたいね  と感じました。そして昨日は着物を着ました。好きなので、たまに着ています。これから先、着物も作っていきたいので、自分が着ないものは作れないと思うので、もっと生活の中に着物を充満...

梅とカラスな一日。

梅酒と梅ポン酢を作るということで、午後に庭の梅の実を穫っていました。虻が何故か私にだけ寄ってくる…。このやろうだ。 物置に乗ったり、梯子に乗ったり、高枝切りバサミも使ったり。大量大量。これだけあればきっと大丈夫。おいしい梅ポン酢が出来るといいけれど。作るのは私じゃないけれど。 …。 で、梅を穫っていたら、カラスの鳴き声が近くから聞こえてきていて、どこにいるのかさっぱり姿は見えないのにとても近くで鳴っ...

つなぎ糸。

織ると、最後は経(たて)糸が必ず余ります。30~40㎝くらい。かな?。↑コレ。せっかく染めた糸。捨てるなんてとんでもなく。勿体ないので、とっておきます。そして、『はた結び』と言う結び方で、繋いでいきます。そして、また一本の糸にします。↑コレが繋いだもの。『はた結び』は何も考えずに、ただもくもくと手を動かしていられるので好きな作業です。無心で手を動かしていると、いつのまにやら沢山つながって、それを見てほく...

はじめまして。

はた織りをしています。やましたです。広報活動をっ!!  と、思ってはじめました日記。どんな風に、どんな布を作っているのか、知ってもらえたら嬉しいなと思っています。今はこんな布。わかりずらい。梅雨時にウールを織っています。ちょっと手がむずむずしてきます。赤い糸は、自分で紡いだ糸です。あずき色や、むらさきや、オレンジ色などいろんな色が入っている糸です。今日は雨でしたね。ちょっと夕飯を食べすぎてしまいま...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。