category: コンセプト  1/1

スポンサーサイト

No image

今年の秋冬は、

ぼんやり。をテーマにして作っておりますが、11月の高円寺での個展ではぼんやり に加えて『わき役』というキーワードもプラスしています。目指しているのは、『ぼんやりしていて目立たないけれど、 地味に良い味だしてるわー。』という感じのわき役の布たちです。日々のお洋服や生活の中でのかくし味になってくれればうれしいなと。例えば真冬の主役はコートでいいのです。セーターでいいのです。ブーツでいいのです。それらの主...

半幅帯の話。その2。

おそろしい寒さが続いていますね。皆さま大丈夫ですか?。 私はだめです。と、いうことで、半幅帯らしき布をよく作っています。(その1からのつづき。)そのせいか、半幅派の方が私の周りには結構いらして、うれしい限りです。今織っているのも、『半幅帯としても使える長い布』です。何故『半幅帯』と言わずに『半幅帯としても使える長い布』と言うかというと、半幅としてだけでは勿体ないんですよ。 という思いを込めて。半幅...

布屋っぷり。

横浜三溪園・鶴翔閣にて行われます『表現する素材 -日本の夏じたく-』迫ってきました。午前中になんとか荷物を出して少しほっとしたものの、パソコン作業や雑務が残っており、ばたばたは続いています。とてもお久しぶりになりました。夏じたくでは 『手』 を意識して作りました、いろいろな技法の布。いろいろな素材の布。いろいろな大きさの布。いろいろな布 揃っています。身につけるだけではなく、生活の中でその人なりの...

かしこまって。

布作りについてのコンセプトがあります。『やましたの布は、用途が決まっていません。 身にまとうもよし、敷くのもよし、掛けるもよし。 手にとったあなたが決めてください。』                         です。無責任のようですが、用途を決めていない理由は「色んなことに使ってほしいから」です。形になっている布には流行り廃りが影響してくるので、作り手としてはできるだけそれとは関係のないとこ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。