category: 見に行きました。  1/3

白洲正子さんのきものたち。

白須正子さんの展示を見に、松屋に行って参りました。銀座なんて久しぶり。いろいろとまぶしかったです。去年にも、いくつか見に行っていたのですが、記事にできていないまま2017年になってしまいました。会場では、本の中で見ていた布を実際に見ることができて、とても興奮しました。本の中の写真では、裂き織りだと思っていた帯が葛布でたまげたり、初めて見るような複雑な織り方の半幅帯があったりと、いろいろな刺激が痛いほど...

『日本の夏じたく』に行ってきました。

No image

先日『日本の夏じたく』を拝見しに、横浜三渓園に行って参りました。出展していると、他の作家さんのを見ている余裕がないので、今回はどっぷりお客さんとして楽しんできました。やっぱり夏じたく展に流れている空気感、いいなと思いました。まわりには緑があふれ、清々しい空気の中で、ピン!! と『まっすぐ』した作品たちがもの静かに多くを語らず並んでいて、本当にきちんと作った物じゃないと場所負けしてしまうような。(今...

街に出る。

昨日、『東日本伝統工芸展』と、『結工房展』に行ってきました。工芸展のほうは、切子作家の小川郁子さんが岩手県知事賞を受賞されたとのことで、これは見たい!! と思い、日本橋三越へ。気持ちがいいくらいのぐわっと大きく走るカット部分だったり、手の技を感じる細かいカット部分だったり、あーもうあの磨かれたところ触りたいと思ってしまうような、かっこいい作品でした。感動が伝わらないへんてこな感想・・ すみません。...

日本民藝館に

行ってきました。前回の催しの時にも行ったのですが、休館日に行ってしまい撃沈。今回はきちんと調べて行ってきました。『日本民藝館展』公募展で、受賞された方々の作品が展示されています。販売もしているのでお客様も多め。器もあるし、竹もあるし、漆も紙も。ジャンルもいろいろですが、織りもいろいろ。椅子敷などのノッティング、手紡ぎ手織りのホームスパン、こちらも手紡ぎ手織りの木綿の着尺、芭蕉の細ーーい糸で織られた...

昨日は、

横浜の元町へ行ってきました。副都心線のおかげでラクチンに行けて、最近地下はすごいことになっています。夏じたく展で御見知り置きいただいた、同い年のガラスの作家さん、金子さん。同い年の作り手さんはとてもとてもめずらしく、とってもうれしくて。その金子さんが元町で個展をされていたので、刺激を受けに行ってきました。ちょっとやる気期が終わりそうだったので。 ・・・。ー金子朋恵さん 硝子の器展ー9月1日(日)まで...