スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

白洲正子さんのきものたち。


白須正子さんの展示を見に、
松屋に行って参りました。


銀座なんて久しぶり。
いろいろとまぶしかったです。

1306.jpg


去年にも、いくつか見に行っていたのですが、
記事にできていないまま2017年になってしまいました。



会場では、本の中で見ていた布を実際に見ることができて、
とても興奮しました。

本の中の写真では、
裂き織りだと思っていた帯が葛布でたまげたり、
初めて見るような複雑な織り方の半幅帯があったりと、
いろいろな刺激が痛いほどにありました。


しかし有名な作り手の方々の着物がずらりと・・・

すごかったです。



こういう展示会を見ていつも思うのは、
織りって本当に無限だなと感じます。

糸の太さや固さや素材によって風合いはどんと変わるし、
無地もあれば縞もあるし格子もあって、
その一本の縞だって、糸を何本入れるかによって変わってくるし、
織り方もいろいろな織り方があるし、
無限すぎて作りたい布が沢山ありすぎて、
もう時間と技術と手がおっつかない!!



いやー夢がある展示会でした。
織りってたまりません。

スポンサーサイト

2017.01.09 | | 見に行きました。

『日本の夏じたく』に行ってきました。

先日『日本の夏じたく』を拝見しに、
横浜三渓園に行って参りました。

出展していると、他の作家さんのを見ている余裕がないので、
今回はどっぷりお客さんとして楽しんできました。


やっぱり夏じたく展に流れている空気感、いいなと思いました。

まわりには緑があふれ、清々しい空気の中で、
ピン!! と『まっすぐ』した作品たちが
もの静かに多くを語らず並んでいて、

本当にきちんと作った物じゃないと場所負けしてしまうような。

(今まで三回程参加させていただきましたが、今思うと、
 どれも場所負けして不釣り合いだった気がします。)

プロの仕事、見させていただきました。
ありがとうございました。



そして来年はついに夏じたくに戻りたいと思っております。


・・・言っちゃった!! 大丈夫か?



さて。
どうなることやら。


でも目標があるとがんばれます。何事も。

がんばります。


出展されていた皆さま、本当におつかれさまでした!。
皆さまにお会いできてうれしかったです。涙。

2016.05.31 | | 見に行きました。

街に出る。

昨日、『東日本伝統工芸展』と、『結工房展』に行ってきました。

工芸展のほうは、
切子作家の小川郁子さんが岩手県知事賞を受賞されたとのことで、
これは見たい!! と思い、日本橋三越へ。

気持ちがいいくらいのぐわっと大きく走るカット部分だったり、
手の技を感じる細かいカット部分だったり、
あーもうあの磨かれたところ触りたいと思ってしまうような、
かっこいい作品でした。

感動が伝わらないへんてこな感想・・ すみません。



染織や、他の作品もぐるっと見てきましたが、大作揃い。
こういう作品たちを拝見すると、
『参ったな。』
と、少し弱気になります。

なんでしょうか。




『結工房展』は、織り作家の吉岡さんからご案内いただき、
お邪魔してきました。

座繰りの実演をしているとのことで、
以前から感心があり、
何となく「今見ておいた方がいい気がする」直感がしたので。

吉岡さんの布はとっても繊細。
風合いだったり色だったり、やっぱり布にはお人柄が出ます。
やわらかい雰囲気に包まれていました。



座繰りの体験もちょぴっとやらせて頂きました。
繭からきれいな糸が出てくるところを見ると、
お蚕さまさまですね。

もっと大事に糸を使わなくてはと感じました。

蚕の命を頂いてしまっているので、
しっかりしたもの・ちゃんと使えるものを作らなくては
失礼きわまりないです。
肝に銘じて。




帰宅して、流され易い性分なので、
ごそごそスピンドルと綿をひっぱりだして、
久し振りに紡いでみました。

983.jpg

やっぱり楽しい。

2014.04.18 | | 見に行きました。

日本民藝館に

行ってきました。


前回の催しの時にも行ったのですが、休館日に行ってしまい撃沈。
今回はきちんと調べて行ってきました。


『日本民藝館展』
公募展で、受賞された方々の作品が展示されています。
販売もしているのでお客様も多め。

器もあるし、竹もあるし、漆も紙も。
ジャンルもいろいろですが、
織りもいろいろ。

椅子敷などのノッティング、手紡ぎ手織りのホームスパン、
こちらも手紡ぎ手織りの木綿の着尺、
芭蕉の細ーーい糸で織られた着尺などなど、目が回る。



できるだけのものを吸収したいと思いつつ、
結構すぐに容量オーバー。



どれもこれも完成度高くて、すごかったです。

自分、まだまだです。





823.jpg

まだまだだな。

2013.12.23 | | 見に行きました。

昨日は、

横浜の元町へ行ってきました。

副都心線のおかげでラクチンに行けて、
最近地下はすごいことになっています。


夏じたく展で御見知り置きいただいた、
同い年のガラスの作家さん、金子さん。

同い年の作り手さんはとてもとてもめずらしく、とってもうれしくて。


その金子さんが元町で個展をされていたので、
刺激を受けに行ってきました。

ちょっとやる気期が終わりそうだったので。 ・・・。



651.jpg

ー金子朋恵さん 硝子の器展ー
9月1日(日)まで
11:00〜19:00(最終日は17:00まで)
gallery元町にて



うちの食器に仲間入りしたのはこの子。
あ、模様が見えてない。
型の跡と手触りがいい塩梅に残ったテクスチャーが目玉です。


652.jpg

眺めていたら食べたくなったレディボーデン。(ちなみに現在、夜の22時過ぎ)

これでそうめんも食べたい。
果物いれてもかわいいし。西瓜スイカすいか・・・


と、ああしたいこうしたいとイメージがふくらむ器って素敵だなと思います。

私も、今日はこう使いたい、明日はああ使おう、
とフレキシブルに使ってもらえるような布を作りたいと感じました。



やる気期、絶賛継続中。

2013.08.30 | | 見に行きました。

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:nunokire_yamashita
やましたです。
はた織りをしています。
いろいろな使い方が出来るような、
永く使いたくなるような布を制作しています。


当ブログのすべての写真や記事などの無断転載・転用を禁じます。

カレンダー

06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

お問い合わせは・・・

ely__82@hotmail.com     こちらまでお願いします。

※ elyと82の間は、アンダーバーが2つです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。