category: 布の使い方。  1/1

スポンサーサイト

No image

『へだて』

器を重ねるときに傷を付けないように、持ち運ぶ際に割れないように、器と器の間に布を挟むと良いことは知っていましたが、その布を『へだて』と言うそうで、夏じたくのときに教わりました。なんとまあ素敵な響き。 ちょっとびっくりしてしまいました。そんな名前がついていたとは。そんな日本らしい奥ゆかしいひびきにそそられて、リクエストもいただいたので作ってみています。12センチ角くらいの四角い小さい布です。とは言って...

どんどん使ってみないとね。

以前作って、仕上げの湯通しで色が落ちてしまってお蔵入りしていた『二つの素材の小さい布』そういえば・・ と急に思い出して使ってみました。この布を考えたのは、一日に不思議と何回もやってくるおやつタイムに、飲み物と食べ物を一緒に置ける布がほしいなと思ったからでして、このような感じで。ちなみに私は多摩美卒です。コップは多摩美マーク。やっぱり実際に使ってみると、いろいろ次はこうしたいなとか出て来ますね。おや...

下井草の個展での一枚。

こちら、半幅帯としても使える布なので、巾16センチ位で長さが4メートルちょっとあります。とはいえ。ただの一枚の布なので、こんな風に壁にかけたりも使えるわけです。半幅帯として使ってくたくたになってきたらランナーにしても良いし、使い方はひとつではないのです。ね。半幅帯としてではなく、『一枚の布』としていろいろな使い方をしていただけたらうれしいなと思っています。...

布の使い方。

いろいろな使い方が出来るのが布の良いところだと考えておりますが、その秘めた可能性を掘り下げていこう。!!。と、使い方のご提案を、ぼちぼちとさせて頂きたいと思っております。先日の『夏彩展』で、「なるほど!」を頂いた使い方。壁に。虫ピンで打っています。布は壁飾りにもなるのです。控え目ですが、空間と器と相俟って重厚感が生まれるような気がします。いかんせん、写真が下手っぴでいけません。外国の方は、ゴージャ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。