Top page  1/81
13
2018

DMの布は、

CATEGORY小言
0050.jpg

『つなぎ糸の半幅帯』です。

時間を見つけてはちまちまつないだつなぎ糸が
経糸にてんこもりな布です。


今回は、
半幅帯、角帯、大きめのまとう布、小さい布。
あたりを出す予定ですが、
二点ほど、毛色の違ったものを出そうと思っています。

『織り掛け軸』です。


自分で書いた書を織りで再現したものです。

今までのやましたの布とは全く違うものなので、
どのような反応を頂けるのか、チャレンジです。 胃が痛い。


筆のかすれ具合なんかも、
色糸を寄り合わせることによって表現できたように思います。
自分で紡いだ綿糸なんかも織り込んでいます。

が、いかがなものか。 胃が痛い。



この先しばらくはこのようなものは作る予定はないので、
この機会に見ていただけたらうれしいです。



こちらについてはまた改めてご紹介させてください。

ではおやすみなさい。


10
2018

本日の

CATEGORY小言

居残り業務はあてなかき。

今回のDMは大きいので迫力があります。 ドーン。

会場が京王百貨店ですので、
品格高めに大人な雰囲気で作っていただきました。


0049.jpg


今回の紙は字が上手に書ける気がします。
04
2018

蒸し風呂。

CATEGORY小言

0048.jpg


蒸し暑いときのアイロンはクラクラします。

でもアイロンをかけたあとの布は、
ぴしっとして、気持ちがよいです。

02
2018

大変です!。

CATEGORY小言

展示会まで一ヶ月をきり、ようやっと頭がお仕事モードに戻ってきました。

26日から、新宿で三人展があります。

そのためにちまちまとすきま時間に作業を進めています。


0047.jpg


本日ひたすら房の処理。

眠気との戦いで、耳にはイヤホンで大音量の音楽とともに。

13
2018

展示会のおしらせ。

いつもお世話になっている、
青山にあるお店、Itonosaki イトノサキさんで

『大人の半幅・初夏揃え』

という展示会が始まるのですが、
私の半幅帯も数点出品させていただいております。


店主のあびるさんのセレクトは、マニッシュでかっこよい。
私の田舎くさい布も、イトノサキさんに並ぶとシュッと見えるから不思議です。


更紗地や麻和紙の半幅帯、
注染の浴衣地や、日傘などの初夏小物なども揃うそうで、
これからの季節、楽しみですね。

あーーー 着物着たい!!



4月20日(金)~5月5日(土)
『大人の半幅・初夏揃い』

Itonosaki イトノサキ
南青山4-1-5 KFビル2階
11:00~19:00
定休日 月・火曜日


ぜひ足をお運びくださいませ。
よろしくお願いたします。

05
2018

新学期

CATEGORY小言
になりました。

ご無沙汰しております、やましたです。

四月になりました。
お花見もできないまま、桜が散ってしまいそうです。
皆さまお変わりありませんでしょうか。

すみません、またしても久しぶりの更新になってしまいましたが、
ちょっと出産しておりました。


予定日よりもだいぶ早く出てきたのでちびっこですが、
元気にやっております。

ただいま里に帰っておりますが、
自宅に戻ってからの生活に戦々恐々としております。


しばらくはお休みを頂きまして、
しっかり体を休めて体力戻して、また作業を再開したいと思っております。

なんてったって、七月末に京王百貨店での三人展が決まっておりますので。
(大丈夫か?やました。)


がんばりますので、七月の三人展を楽しみにしていただけたら嬉しいです。



今年度も、より一層ゆるゆるりとなりますが、
布きれ・やましたをどうぞよろしくお願いたします。




※追記です。

携帯電話がガラケーでして、メールの確認がパソコンを開かないと見れませんでして・・
すみません、ですのでメールの返信が送れてしまうことがあるかと思います。

どうかご了承くださいませ。



15
2018

ありがたいことに掲載していただきました。

『落語家と楽しむ男着物』に角帯を数点載せていただきました。

0045.jpg

私の作る角帯は従来のものに比べると薄手で柔らかく、
『細帯』としてきものに慣れた女性の方にお求めいただくことが多く、
その場合、おはしょりなしで対丈で着物を着て、
私の細帯を合わせるというコーディネートだそうです。

おされ。

対丈で着るのは着崩れしますし、なかなか慣れた方でないと難しい着方です。



話がそれました。

しかし、男性の角帯にしては弱いのか、もっとかたく厚くした方がいいのか・・・と
悩んだこともありましたが、
以前呉服屋さんにお話を伺ったところ、
男性の方でも恰幅の良い方は従来の帯は硬すぎて苦しいこともあるそうで、
基本しっかりとした厚地の、硬くかっちり結べる角帯もいいけれど、
やわらかめの帯があってもいいのかもしれない・・と弱気ながら思いまして、
そのまま作り続けています。


王道を横道それた角帯になっています。
そんな風合いの帯を楽しんでくださる方がいるとうれしいなと思います。



本屋さんに並んでおりますので、よろしければご覧くださいませ。





0046.jpg

左側。小さくチラッとね。
14
2018

春です。

CATEGORY糸たち。

織り機にかけた糸も、春めいています。

0044.jpg


今回の経糸は綿オンリーです。
六色の春色な綿糸を使って織ります。


茜で染めたピンクや、桜で染めたベージュを使っています。



平織りではなく杉綾織りをするので、経糸たちの春色がどんな風にでてくるか。
緯糸を入れるのが楽しみです。

09
2018

夜は

CATEGORY小言

騒音問題が怖いので、静かにできる針仕事や糸巻きや事務作業などをしています。

0043.jpg



その合間にこのごろお茶道具のお勉強もしています。

なかなか深い、お茶の世界。
着物の世界もそうですが、はまり出すと抜け出せなくなりそうな予感・・・



明日は久しぶりに終日作業日。 わーい。
がんばります。

14
2018

日が経つのは早いもので、

CATEGORY布きれ。

前回から半月以上経っているなんて。
たまげます。

やりたいことやら、やらなくてはいけないことが山のようにあって、
優先順位をつけてなんとか処理していくのですが、
処理能力が足りなくて、意識が遠のきます。 あぁぁぁぁ。どうしましょ。


0042.jpg

でも制作だけは、毎日休まず続けたいと思って手は動かしています。
1時間でも30分でも10分だけしかできなくても。


しかし30分じゃ大したことできないもどかしさ。


でもがんばります。

『焦らずこつこつ』が今年の仕事の上での目標のひとつです。



つなぎ糸の半幅帯も、緯糸青バージョンも無事に織り上がり、
次なる布にとりかかろうかというところで。

次は春色した綿で、布を織ります。

がんばれ、やました。
(最近こればかりつぶやいています。)