Top page  1/82
12
2019

何ヶ月ぶりでしょうか。

CATEGORY布きれ。

0065.jpg


昨日久しぶりに機に座りました。

二時間半の作業時間でしたが、
とってもとってもあっという間で、
至福の時間でした。
10
2019

さてと。

CATEGORY小言

織る作業やら、事務作業やら、
やりたいことは山盛りにあるのですが、
なんせ時間がコマ切れすぎて
あまり集中し過ぎてしまうことは不向きなようなので、
とりあえずは安定の糸つなぎから仕事始めです。


0064.jpg


さて今年はどれだけ作業ができるかな。

05
2019

驚愕の。!。

CATEGORY小言
2019年になっていました。
やましたです。

アデノウイルスに支配されて軟禁状態だった年末年始。
やっと通常運転にもどり、いつの間にやら2019年でした。

今年もどうぞ、布きれ・やましたを、よろしくお願いいたします。


ブログで日々の作業を見ていただきたいなんて言いながら、
何も作り出せずにどこかに行ってしまった2018年。帰ってこーーーい。

今年はなんとかがんばりたい!
意気込みだけは立派です。

とりあえず今年のお仕事の目標は、変わらず『焦らないでこつこつと』なので、
できないことに焦らないで、
日々楽しく笑って過ごしたいと思っています。

でないと、鬱々とした良くない気持ちは多分布に出てしまう。
いけません。


さて、2019年。
皆さまにとっても、良い一年になりますように。


0063.jpg
26
2018

いかん。

CATEGORY小言


全然作業する時間がとれていない。

いったい私は日々何をしているのだ?。?。





0062.jpg

今日は夜なべだ、がんばるぞ。
15
2018

先週のこと。

染織iwasakiさんの展示会に行ってまいりました。

いやー・・・ ほんとにすごいです。


お二人の人柄は、はじめてお会いした大学生の頃から
全く変わっていなくてやわらかいままで、
でも織りで生活するというのは、並大抵のことではないのに、
どうしてこんなに深いんだとこっちが恐縮してしまうくらい懐が深くって、
でも作るものはしーーーーーっかり芯が通っていてかっこいいし。

あぁ 支離滅裂で困る。


織りをやっていく上でお二人に出会えたことは、宝だと、思っています。




安くて良いものが沢山溢れている中で
何を作ればいいのか、私はよく迷走してしまうのですが、
『やました』らしい布を作らないと作る意味がないというか、
地球上にただ物を増やしているだけで、
それならば作らない方がマシなのかもしれないと。

なので、『やました』らしい布を常に模索しているのですが、
岩崎さんは、『iwasaki』らしい布を作られていて、『芯』があって、
織りを仕事にするということはこういうことなんだと。

いつもブレブレなやましたは、
お二人の作品を拝見するたびに実感するのです。



今の自分に出来ることは、余計なことを考えていないで手を動かすこと。
やる気スイッチ入りました。

地道に地道に。



0061.jpg

リネンのつなぎ糸です。
もくもくと、楽しいです。
06
2018

少し前に

CATEGORY小言
朝日新聞で、紬織の匠・志村ふくみさんの連載をしていたのですが、
母が切り抜いておいてくれまして、拝読いたしました。

・・なんだか縮こまってしまう。
自分に対してため息も。
隠れて存在を消してしまいたい気持ちになりました。


民芸運動の陶芸家・河井寛次郎さんからかけられた言葉。

『この道は生半可な決心でやっていける仕事ではない。
子どもを抱えながらの片手間では、材料と時間の浪費だ』

と。


片手間で作業をしている自分が情けないというか、
なんだか無性に申し訳ない気持ちになりました。


0060.jpg


ワークライフバランス なんて、真剣に考えてみたり。

でも何を優先すべきかは自分で決めなくてならないことで、
時代も自分が置かれている環境も志村さんとは違うから、
自分の現状にどんより落ち込んでいないで、
とにかく仕事でも家のことでも何でも楽しんで、
笑顔でやろうと前向きな気持ちになりました。

午前10時、現実逃避中のスタバのおかげ。 休息も大事ですね。
29
2018

やっとこさっとこ。

CATEGORY小言
子が夏休みということもあり、
こちらは夏休めないので作業をしていられなくて、
やっとこ京王での展示会のお片づけと後始末が終わりました。

気づけばすでに一ヶ月ちかく経っていて。
果てしなく昔のことのようです。

ほんの少ししか会場にいられなかったけれど、
たのしかったなぁ・・・ (遠い目。)



さて、これからどうしよう。

とりあえず情報難民なので、
最近はどんなものが巷で流行っているのか、
雑誌を図書館でしこたま借りてきて読んでいます。


ほほぅ。


テレビも雑誌もラジオも新聞も
遠ざかった生活をしているので、
ほほぅ がいっぱい。


そこからいろいろ刺激を受けて、
作りたいものを探っていこうと思っています。


あと少し! 夏休み!!

03
2018

三人展。

CATEGORY小言
お暑い中、雨の降る中、三人展にお越しくださり、
誠にありがとうございました。

環境の変化もあり、ここで一度一区切りと決めて参加させていただいたので、
今回は何だか心持ちいつもと違っていて、
これからの仕事のやり方や、
布切れ・やましたの向かうところを深く考えさせられる展示会になりました。


どのようにやっていくか、
どこへ向かっていくのやら。
会期中に答えはまったくもって出すことができず、迷走中ですが、
これからゆっくり、考えていきたいと思います。


展示会はお休みしますが、制作は続けてまいります。
どうぞ、布きれ・やましたを忘れないでいてください。どうか、どうか。



日々の貴重なスキマにできた、手の跡たちは、
ブログにてご紹介していきたいと思っています。


戻ったときに、
『成長したね!』 と言ってもらえるように、
休んだことを後悔しないように、
いろいろ頑張ります。


沢山の方に、感謝してもしきれません。
本当にありがとうございました。



やましたえりこ。


25
2018

搬入してまいりました、京王さん。

CATEGORY小言
すみません、訳あって、
織りの掛け軸出展するの、今回はやめました。

ごめんなさい。


なので、いつものやましたの布が並んでいます。

ご安心ください。?。


皆さまのお越しを、お待ちしております。
24
2018

つなぎ糸の半幅帯。

CATEGORY布きれ。
こちら、


0056.jpg


今回のDMの布、『つなぎ糸の半幅帯』です。

モノトーン系でつないでいった残糸を、経糸にどっさり使いました。



寄るとこのような感じに。

0057.jpg

緯糸に青い糸を使っています。



こちらは

0058.jpg

緯糸ベージュバージョンです。


半幅帯を織る時は、大抵2本分の経糸を織り機にかけます。

ですのでこのふたつ、同じ経糸なのですが、
緯糸の色や太さの違いで、だいぶ見え方が変わってきます。


これがまた面白い。
織りの醍醐味のひとつかなと思います。

これが楽しめるようになってくると、
かなりマニアックです。



ベージュバージョン、寄るとこんな感じに。

0059.jpg



ピンクやクリーム色の糸もたまに入っています。